Top
お休み Part Ⅲ   (一期一会 その2)
a0050094_7241263.jpg       
       
        お茶の心得からきた言葉のようです
        出会ったその機会は一生に一度のものと考え
        その出会いを、そしてその時間を大切にすること
       
a0050094_7314795.gif

松山までは、思ったよりも早く着きました。
結婚間もないころ、四国に2人でドライブに来たことがあるのですが
その時は、まだ高速道路が完備されていなくて・・・
海岸沿いの道を延々と走った記憶があるのですが。

松山市内に着いて
a0050094_7302956.jpg

まず伊丹十三記念館に行きました。
新しく出来たばかりで、とてもきれいなMUSEUM。
小さな頃の朝顔の観察日記なども展示してあるのですが
その観察眼、描かれた絵を見ると小さな頃から非凡な才能を持ってたんだ。。。
と思いました。
でも鈴には少し退屈だったようで・・・
園庭のクローバーやタンポポの綿毛を摘んで遊んでました。

ホテルにチェックインした後は、鈴のお待ちかねの海水浴。
a0050094_7395684.jpg

市内から少し車で行ったところにきれいな海水浴場がありました。
ここに着いたのが4時頃だったでしょうか・・・?
そろそろお客さんが帰っていくような時間になってしまいました。
それでも、楽しくて、うれしくて・・・・ず~っと浮き輪につかまって海の中にいました。

鈴はホテルに戻る車の中ではやはり・・・ZZZ

ホテルに着くと荷物だけを持ち替えて
大急ぎで、今度は路面電車に乗り、道後温泉へ
a0050094_7482987.jpg

a0050094_7501834.jpg

まるで・・・
「千と千尋の神隠し」の映画の中にまぎれ込んだよう・・・
どこからか湯婆婆が出てくるのでは・・・?
そんな雰囲気でした。

お風呂は霊の湯、神の湯と2種類
そしてそれぞれ脱衣場も種類があります。
私たちは神の湯の2階を選びました。

2階に上がると大広間があり、貸し浴衣が準備してあります。
お風呂上りはそれに着替えてしばらく涼むことができ、お茶とお菓子がでてきます。

ここでふたつ目の素敵な出会いが待っていたのでした。







鈴は主人と男湯に、私はひとりのんびり女湯に・・・

浴衣に着替えて出てきたけれど主人と鈴はまだみたい・・・
座って2人が出てくるのを待っていました。

クーラーのない部屋だけど
夕風が入ってきて、ちりんちりんと風鈴のきれいな音色
それだけで、十分涼しくなりました。

ふと お隣に座っている方を見ると・・・
金髪の男性が浴衣姿で、立派な大きなカメラを持ってるのが目に入りました。

大きな望遠レンズのついたカメラや、
それってカメラ?って思うような大きなカメラでパチリ、パチリ

しばらくすると主人と鈴も出てきて
一緒にお茶を飲んだり、お菓子をいただいたり・・・

そしていつものごとく・・・主人は自分のカメラで鈴、お部屋の中などをパチリ、パチリ

それを見ていたお隣の外国の方が一緒に来てたかわいらしい女性と
こちらを見ながらひそひそ・・・

そのうちに、その女性の方が
「とてもいいカメラをお持ちなんですね・・・。彼がそう言ってます。」
と、声をかけてきてくださいました。

カメラのことをほめられ、かなりご機嫌になった主人。
そして、主人と同じくらいカメラ好きの彼。

そこからは、カメラの話で盛り上がる、盛り上がる(笑)
ドイツから来た彼は、かなり日本語も堪能でしたが、分かりにくい言葉の時には
ドイツ語がぺらぺらの彼女が訳してくれました。

その後、お別れし、温泉の中をぶらぶら見たりして外にでたのは
もう8時半を過ぎたころでした。
おなかもぺっこぺこ・・・・
主人はお風呂上りの1杯を・・・と入った居酒屋さんで
またまたさっきのおふたりと遭遇、しかも満席だったため相席となったのでした。
ごはんを頂きながら、改めていろいろお話をすることができました。

ドイツ人の彼と日本人の彼女(遠距離恋愛中・・・)
夏休みを利用しての旅行中とのこと。

主人と彼はずっとカメラのことレンズのことを
とても楽しげに話してました。

彼女も驚いてました。
自分以外の人にこんなに必死で日本語でお話するなんて・・・と。(笑)

そして彼女は、大学では音楽(ピアノ)を専攻してたとのこと。
お住まいも関東方面と聞き、いろいろ教えてもらいました。

一緒に記念写真を撮ったりしながら
結局、オーダーストップになるまでお店で過ごし
ホテルも同じ方向だったので、一緒に路面電車に乗り
私たちの降りる2つ手前の駅で降りていったのでした。
今度こそ、本当に「さようなら」でした。

もう会うこともないかもしれない・・・
でもおかげさまでとても楽しいひとときを過ごすことができた素敵な出会い

どうぞ楽しい旅行を
そしてお幸せに・・・



翌日は、朝から坂の上の雲ミュージアムに。
a0050094_862945.jpg

その後、ホテルを出発。
しまなみ街道を経て、尾道で昼食。
街の中を少しだけ歩きました。
a0050094_884652.jpg

風情のあるとても素敵な街でした。


今回の旅行
とても楽しい旅となったのでした。

先日も書きましたが、旅そのものも・・・
そして何よりも人との出会いが
より楽しい旅にしてくれたように思います。

あの時の、あの場所で、あの方達と・・・
素晴らしい思い出ができました。

出会った方に、お世話になった方に
心から感謝。




2泊3日の旅行から帰った翌日は
洗濯物の山に囲まれた日常が待っていたのでした。
[PR]
by akirina | 2007-08-25 08:42 | life
<< 残り1週間・・・ お休み Part Ⅱ   (一... >>



2002年生まれの娘と主人と私 3人で楽しく東京で過ごしてます! 趣味のハンドメイドを中心に日々の生活を綴ってます。  
by akirina
カテゴリ
全体
handmade
life
favorite
present
kodomo
auction
murmur
book
shopping
sonota
未分類
タグ
(10)
(6)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
more...
フォロー中のブログ
ヒビコト日記~日々の出来事~
**boule**
け・せらせら~
ちっぷとはっちと・・・
chateau du ...
Polivi
my story***
メールはこちら

*** LINK ***
Pleine lune
こりんの「こりんの北摂・散策びより♪」
グ~タラ主婦の毎日
おかあちゃんのたからもの
Gacha+

petit bonheur

mi*mi
ひつじの ほのぼの日記
ゆったりゆるゆるほんわか日記
polivi



〈Sozai〉
ステンシル絵本
chai
komorebi
mattarihonpo
chaton noir
mariya
Fine
写真素材 ミントBlue


記事ランキング
画像一覧
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル